なぜ英語は4技能に?4技能をバランスよく習得するには?

英語4技能とは?

英語4技能とは、英語の「聞く(listening)」「読む(reading)」「話す(speaking)」「書く(writing)」という4つのスキルを表しています。TOEFL、IELTS、英検など、一般的な外部英語検定試験は、英語4技能の測定を目的としています。また、教育現場でも、英語4技能の育成が、重要視されています。
(引用:THE 世界大学ランキング)

 

英語4技能がなぜ注目されているのか?

従来の日本の英語教育は読むことに特化をしていて、「さあ、話してみて!」と言われると、口を閉じてしまい話せない状態でした。これは、学校教育が文法や単語をただ教え込むだけの授業を行っていたからです。

それが現在では、英語を話せると外国人とコミュニケーションを取れるようになり、「英語が話せると日本の経済が発展するんじゃない?」という考えに変わってきて、それに合わせて学校教育が改革を行われてきています。

このような背景があり、現在の英語教育は詰込みの授業では無くなり、コミュニケーション英語へと変化してきています。
コミュニケーションへと変化しつつありますが、従来の単語や文法も当然書けるようになろう。そして英語を使えるようになろう!というのが英語の4技能です。

「英語を勉強する」という型を無くす

今まで深く勉強をしていなかった英語が4技能に変わり、どのように英語を勉強をしていくべきなのか。
それを解決することが出来る方法は、英語は生活の一部に取り込んで学んでいくというものです。英語を教科として勉強するのではなく、生活の一部として取り入れることで成語はすごく早く上達することが出来ます。

話せるようになるには?Speaking

話せるようになるのはまず話してみることです。

話せるようになるのはまずは話してみるという事が非常に重要です。話してみないと話せるのかどうかわからないですし、伝わるのかどうかわからないです。

話してみることで初めて「伝わるんだ!」「こうやって話すんだ!」と気づくことが出来ます。

聞けるようになるには?Listening

聞けるようになるのは英語を聞くことです。

聞ける能力を高めたいのであれば、実際のネイティブな発音を耳で聞いて本当の英語を聞くことです。
実際に外国人に話してもらうのもいいですが、手軽な方法が洋画や洋楽などを聞くことです。

ネイティブな発音、スピードになれることが必要です。その際手元に話している内容がわかるもの(例えば台本など)を見ながら英語を聞くと単語の発音などがわかり、効率よく英語の発音を学ぶことが出来ます。

読めるようになるには?Reading

読めるようになるには英文を読むことです。

読めるようになるには実際に英語を読むことです。読めないと読めるようにならないですし、読めるのかどうかもわかりません。
単語の発音がわからないときや、流れるように読む方法がわからなければ、辞書を引いてみたり英語がわかる人に読み方を聞いて読み方を習得していきましょう。

書けるようになるには?Writing

書けるようになるのも書くことが必要です。

書かないとかけるのかどうかわかりません。日本文を英文に置き換えてみることや、英文を覚え書き写すだけでも効果はあります。英語を書かないといけません

英会話を小さい時から習っている人でも、この書くという事が出来ない人もいます。なぜ書けないのか?その答えは簡単です。書いていないからです。
英語は書かないとかけるようにはなりません。書くことでようやく書けるようになるのです。

積極的に英語を使って自信を付ける

英語を使う機会を増やす

英語を実際に使う機会をふやしてみてはどうでしょうか?

1人で黙々と勉強するだけでは上手く4技能は習得できません。実際に英語を使ってみるのがよいです。英語をの本を買ってみたり、洋画を英語で聞いてみたり、スマホで英語の発音を教えてくれるアプリを取ってみたり、現在は非常に英語の勉強がしやすい環境になっています。

英語と触れ合う機会を増やし少しでも早く英語を習得できる努力をしてみましょう。

プレゼンやスピーチに参加する

4技能評価により話す観点に重点を置かれるようになりました。

4技能を早く習得する方法はプレゼンやスピーチに参加し英語を披露することです。プレゼンやスピーチは急に本番ということはありません。

英語で台本を書き、それが合っているのかどうか添削をし、読みの確認を辞書を使って行い、原稿が出来れば実際にリハーサルをする。

4技能の「書く」「読む」「話す」をプレゼンやスピーチをすることで一気に学ぶことが出来ます。
最初はへたっぴな英語でも徐々に力はついていくことでしょう。

まとめ

英語の4観点を習得することは現在の日本では非常に大きな力になります。
英語が使えることにより、日本だけでなく世界にまたがってコミュニケーションを取ることが出来るようになります。

グローバル化が叫ばれている中このような英語の4観点は必要不可欠です。
必要不可欠だからこそ学ばなけらばいけないのです。