新学習指導要領解説|【算数数学】改定でどうなる?

新学習指導要領の改訂により学習内容は変わってきています。

どう変化するのか?といった内容を把握しておくことは、今後の指導に大きく響いてきます。
当然、内容を把握できず授業を進めてしまった場合は抜けが生じる結果になってしまい、のちに大きな問題となってくる恐れがあります。

その問題に直面するのは先生ではなく生徒です。
指導者である私たちは、今の指導に満足するのではなく、どのような指導をしていかないといけないのか先を見た指導を行わなければなりません。

このシリーズでは、そんな学習指導要領の変更についてまとめています。これからの指導の参考にして頂けたらと思います。

今回は、小学校中学校の「算数数学」の新学習指導要領についての内容です。

カリキュラムの大幅な再編

データの収集・分析、統計的な内容の充実

新学習指導要領では小学生の「算数」中学生の「数学」どちらにおいても資料を活用する機会が多くなります。

データから読み取る力を鍛え、それらから得られる情報を整理することで傾向を分析することが出来、それらを活用する力を鍛えていきます。

統計的内容は元は高校で扱われていましたが、グラフデータから課題を見つけ、それらを解決していく力が必要になってきています。

学習単元が学年間で移動する

今回の新学習指導要領では学習単元の変更とともに学年間で学習単元の移動が大幅に行われます。

先ほど述べたように統計的な学習は「数学的な見方・考え方」の育成が今後の学習に繋がりやすく、またこれからの社会に合っていることからすべての学年で学習する様になります。

また、上位学年で習っていたことが下位の学年に下りたり、新しい単元を学ぶことでにあります。
詳しい情報は下で述べていきたいと思っています。

小学校の変更点

速さの単元が小6→小5へ。分数の乗除が省略

小6で学習していた「速さの単元」が小5、小6どちらの学年でも学ぶこととなります。

速さを小5で学ぶことにより学習時間があふれ、この関係で小5では分数の乗除を省略せざるを得なくなりました。
分数の乗除を習っていると、速さの問題はスムーズに求められましたが、省略される関係で小5で習う速さの単元は小数を用いて求めなければならない結果となります。

メートル法を小5で学習

小5ではメートル法を学び、長さや体積の単位についても学びます。

速さの単元の追加して、小5ではメートル法と体積が小6より移行されます。これにより小5では長さや体積といった単位の関係を学ぶことになります。

小5では以降の関係で新たに学ぶことが多く、従来以上に厳しい学年になることが予想されます。

小4に割合と小数の倍数を追加

速さやメートル法の移行により、小4では「割合」(簡単な場合のみ)と「小数を用いた倍」が追加されます

速さやメートル法が小5で学習することになるので、小4のうちに2つの数量を比べる時に割合を用いて計算したり、小数を習うことで量だけではなく、倍を表すことも理解させていきます。

今まで以上に難しく複雑になるが、縦のつながりがあるので小4、小5は落とすことが出来ない学年になることは明らかでしょう。

中学校の変更点

中1で素数・素因数分解を学習

整数の性質の理解を深めるために素数と素因数分解を中1で学習します。

従来では素数と素因数分解は中3の学習でしたが新学習指導要領後は偶数や奇数、倍数や約数といった整数の性質の理解を深め中2で学ぶ文字式の利用の問題につなげられたらと考えられています。

誤差や近似値、有効数字は中1→中3へ

誤差や近似値、有効数字は高校につなげるために中3での学習に

従来、中1で学んでいた誤差や近似値、有効数字は中3で学習することになり、その流れで高校生の学習につなげていくという理由での移行になります。

中1でこの内容を学んでしまうと2年間の空きが出てしまうのでこの移行でいい判断ではないかと思います。
生徒も去年学んだこととの関連性を理解しやすくなるのではないでしょうか。

新単元「累積度数」の追加。「統計的確率」を中2→中1へ

新単元である「累積度数」、中2から「統計的確率」を中1で学びます。

統計的学習が各学年で行われる関係により、中1では最小の階級から各階級までの度数の総和を表した「累積度数」を新たに学びます。また相対度数が近づくと一定の値をとる「統計的学習」も中1の段階で学ぶことになります。

これらの確率は実際にコインを投げたりして、多数回の施行をする経験を通して、理解できるように指導していく単元になってきます。

新単元「四分位範囲」「箱ひげ図」を中2に追加

高校数学の単元だった「四分位範囲」と「箱ひげ図」を中2で新単元として学ぶことになります。

箱ひげ図は社会人の方は聞いたこともないかもしれません。最近新たに追加された単元だからです。それを中2で学ぶのです。
「箱ひげ図」はデータの情報を簡約化するもので中央値やその他のデータが非常にわかりやすくなるものです。

このように資料一つから大量のデータの傾向を比較し読み取り、考察力、判断力を育成します。

新学習指導要領で算数は新単元を学習する!

小学校中学校の「算数数学」の新学習指導要領の変更ポイントについて

・グラフや表を用いた統計的な学習の充実
・学習単元の学年間の移動
・新たに追加される新単元「四分位範囲」「箱ひげ図」

算数数学に関しては従来以上に難化するのが予想されます。

割合を小4から学び、小5での単位関係、中学生で新単元の学習など高校生内容が中学生に下りる関係で難しくなるのではないか。
どんなことを学ぶのか。を十分に理解し、次の学習につなげていく必要があるかと思います。