ケアレスミスしてしまう。なくす方法はあるのか?

みなさん、ケアレスミスをしたことありますか?

簡単な問題で間違えてしまったり、字を書き写し間違えたり、出来るはずの問題で間違えたり、、、
誰しもはしたことあると思います。

今回は

ケアレスミスとは何なのか?
ケアレスミスをしてしまうのはどんな時なのか?
無くすためにはどうしたらいいのか?

などをお伝えできたらと思います。

では行きましょう!

ケアレスミスって何?

ケアレスミスを辞書やネットで調べてみると、「不注意が原因で起こる失敗」とあります。

不注意が原因で起こる失敗・・・
注意をしていないからこそ、いつもだったら出来ることも失敗するようですね。

なぜケアレスミスをしてしまうの?

ケアレスミスをしてしまう原因
それはテストの時やプレゼンなどの大舞台で緊張しているときに起きる。

テストの時やプレゼンの時は本当に力を出せるのか。

とすごく緊張しますよね?こんな時にケアレスミスは多いです。

他の事を考えてしまうことで起きる集中力の低下。

1つの事に集中しているようでも、頭の中では違うことを考えてしまって手の動きと頭の動きが違う時ありますよね?

こんな時にもケアレスミスはしてしまいます。

あまり寝られていないことで来る。

寝不足
これは集中できないですよね。
このことに関しては寝れば解決できそうです。

など要因はいろいろとありそうですが、簡単に解決できそうなものから、どうしても避けることが出来ない場面まで様々です。

ケアレスミスをしないようにするには?

全てを完全になくすことはできないでしょう。

しかし、少しの工夫でケアレスミスを減らしていくことはできます。
少しずつ減らしていくことで、表にミスを出してしまうことは無くなるでしょう。

どうすれば無くしていくことが出来るのでしょうか?

客観的な目線で確認をする。

人は1度ではどうしても間違えたり、ミスをしてしまうものです。

違う視点で確認をしてみたり、自分とは異なる人に確認してもらうなど、2回3回確認をして客観的な目線で確認をしてみましょう。

時間をおいてもう一度やってみる

ケアレスミスをしてしまう原因は不注意でしたよね?

緊張していたり、集中力が低下していたり、寝不足だったり・・・

そんな状況で何回もしても間違えてしまう一方です。

気持ちを改めるということも踏まえ、時間をおいてもう一度やってみることにしましょう。

慌てない

慌てもミスをしてしまう原因の一つです。

簡単な問題や課題であっても慌てないことです。慌てずゆっくり物事もこなすことでミスは減っていくことでしょう。

なぜ自分はケアレスミスをしてしまうのか考察してみる

なぜ間違えてしまったのか?

自分の事を知るのは非常に重要です。
「どういう時にどう間違えてしまったのか考察しましょう。

ミスをミスとして認める

たとえ練習だとしても間違えないように一つ一つ間違えないように考えながら行動しましょう。

練習一つにとっても大事な問題の一つです。

どうしても間違えてしまう時は?

どうしても2個3個ケアレスミスをしてしまう時はどうしたらいいのでしょう。

時間制限を設ける

何回しても間違えてしまうことはあります。いつまでこの問題と向き合うのか。

時間を決めてそれ以上かかってしまう時は違う問題に取り組むようにしましょう

量をこなす

答えにたどり着くにはどうすればいいのか。
どう行動すればいいのか。

頭で考える前に体が勝手に動くまで、何回も何回も繰り返ししてみましょう。

ノートにまとめてみる。

考えてもなかなか理解出来ないときは、落ち着いて頭を整理するためにノートに取ってみましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

ケアレスミスを無くす方法さえわかれば、簡単なところでミスをしないように済むことでしょう。

毎回毎回ケアレスミスをしてしまう方は、一度試してみるのもいいのではないでしょうか?