インフルエンザの流行はいつ始まる?症状や潜伏期間について

毎年12月から3月ごろまで猛威をふるうインフルエンザ
みなさんも経験したり、自分はかかったことが無かったり、周りの人がかかった事がある。と言う人は多ことでしょう。
今回はこのようなインフルエンザについてお伝えしましょう。

インフルエンザの流行は12月から

インフルエンザとは?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって起こるウイルス性呼吸器感染症です。(引用: Yahoo!ヘルスケア)
インフルエンザウイルスに感染することで急激な発熱とともに、咳をはじめとした多彩な症状が認められる病気です。
インフルエンザに罹ってしまったことがある方は非常に多いと思います。

流行するのはいつから?

毎年12月ごろから流行が出てき始め、年にもよりますが年間1千万人が感染するといわれています。

そのうち数百人~千人は症状がひどくなり死亡しています。

インフルエンザの感染経路は?

インフルエンザが他の人に移る方法として「飛沫感染」「接触感染」の2つがあります。

「飛沫感染」
既にインフルエンザに感染している人の咳、くしゃみなどによって出る唾や鼻水などが飛沫となって起こる感染です。
「接触感染」
咳を手で押さえたり、鼻水を拭いたりした際に手にウイルスが付いた状態で人と接触する事で起こる感染です。

インフルエンザの症状と兆候について

インフルエンザの具体的な症状

・38度以上の急な発熱
・頭痛
・体の節々の痛み(関節痛や筋肉痛)
・倦怠感(だるさや悪寒、寒気)

以上の全身症状にあわせて鼻水、咳、のどの痛みが出てくる。

また、インフルエンザウイルスは高齢者や※基礎疾患を持つ方や妊娠中、乳幼児がインフルエンザにかかると気管支炎、肺炎を合併し最悪の場合死に陥ることもある感染力の強いウイルスです。

※基礎疾患(慢性呼吸器疾患・慢性心疾患・糖尿病などの代謝性疾患・腎機能障害・ステロイド内服による免疫不全)

症状の兆候はどんなことがある?

・身体のだるさ
・強い悪寒
・鼻や喉の乾燥

インフルエンザの場合はこういった兆候を感じたのであれば、すぐに高熱や関節の痛みなどはっきりした強いインフルエンザ症状が出てきます。

インフルエンザウイルスの潜伏期間と種類別の特徴

インフルエンザウイルスの潜伏期間

インフルエンザウイルスの潜伏期間は、わずか1~2日といわれています。

風邪などと違ってインフルエンザの潜伏期間は非常に短いです。前駆症状が何も起きずに急に高熱が出たり、だるさ、筋肉痛や関節の痛みが出てきます。

急激に発症するのがインフルエンザの特徴です。

インフルエンザの種類と特徴

インフルエンザにはA型、B型、C型の3種類あり、それぞれ発症する時期、症状が異なります。

流行時期主な症状
A型12月~3月38度以上の高熱、悪寒、寒気、体の痛み、頭痛、咳や喉の痛み
B型2月~3月微熱、下痢や嘔吐
C型通年鼻水、鼻づまり、微熱

インフルエンザA型

流行時期は12月~3月。
悪寒がしたり急激な高熱が出たりするのがA型の症状です。ほかにも頭痛や嘔吐、咳やのどの痛みが症状として現れます。

また、肺炎や脳症の合併症を発症する場合があるので、意識がもうろうとなってくるなどすると早急に医療機関に行くようにしてください。

インフルエンザB型

流行時期は2月~3月
咳や痰、くしゃみなどの飛沫によって感染しやすいのがこのインフルエンザB型の特徴です。

症状はA型ほど大きな症状は見られず、微熱が出たり下痢や嘔吐で済む場合が多いです。しかし、意識が悪い場合はA型同様、早めの医療機関への受診を勧めます。

インフルエンザC型

流行時期は通年
インフルエンザC型はほかの型とは異なり、一度C型の抗体を持つと風邪と同じ症状を発症するのがC型の特徴です。

インフルエンザA型の症状である急な高熱や、B型の症状の下痢や嘔吐も無く軽症で済む場合がほとんどです。
症状も鼻水が出る程度で4歳以下の幼児がかかることが多いです。

まとめ

インフルエンザは潜伏期間が短く、急に高熱や関節の痛み、下痢や嘔吐といった症状が現れます。

症状が悪化すると、感染症を発症する場合があるので、すぐに医療機関の受診をするようにしてください。
インフルエンザは1~5日程度安静にしておくと症状も和らいでくるので休息を取るのが一番です。