「7回読み勉強法」の詳しいやり方は?本当に効果なしなのか?

今回は教科書の読み方として、山口真由さんの超速「7回読み勉強法」をご紹介します。
この7回読み勉強法は「効果なし」とも言われていますが、果たして実際などうなのでしょうか?

この記事では7回読み勉強法のやり方を詳しく紹介するとともに、数学英語などの教科にも効果があるのかどうかをお伝えしていきます。

管理人である私も7回読みはやってみたことがあるのでその体験も基にお伝えしていきます。

7回読み勉強法を考案!山口真由ってどんな人物?

経歴

1983年生 札幌市生まれ。2006年3月 東京大学法学部を卒業後、財務省に入省
2015年7月 ハーバード・ロー・スクールに留学。
(引用:山口真由オフィシャルブログ)

現在

東大法学部在籍中に司法試験を受け合格。
現在は弁護士登録をし、弁護士の活動をするとともに独自の勉強法である「7回読み勉強法」が好評でテレビ出演や執筆活動など幅広く活躍されておられます。

超速「7回読み勉強法」の詳しいやり方とは?

「7回読み勉強法」の詳しいやり方は?

7回読み勉強法とは教科書を7回読む勉強法の事です。
そのままやないかい!ってつっこみたくなりますがそのままです。(笑)

やり方を詳しく書きますと・・・

1回目は意味を取ろうとせずにさらっと読み
2回目もさらっと読む
3回目はテキストの構成を理解していく
4回目には語句に着目していく
5回目には語句に合った説明文を読んでいく
6回目には語句と説明文が答え合わせの感覚になる
7回目には意味を理解し、それを頭に定着させていく。

というものです。

私も実践していました

教科書を7回読むだけで語句が頭に入るのか?と思われるかもしれませんが入ります!

このやり方は高校で成績がトップ5に入った私もしていたので、自信をもって言えます。

私自身は中学時代にはあまり勉強せず高校生では赤点がこわかったので、必死で勉強しました。
その時にやっていた勉強法がこの「7回読み勉強法」でした。

「7回読み勉強法」は効果があるの?

繰り返しすることで忘れにくくなる

エビングハウスの忘却曲線(※)でもあるように記憶は時間の経過とともに忘れていくものですが、繰り返しをすることで忘れにくくもなります。

この「7回読み勉強法」は回数をこなすことで忘れにくくしているという効果もあるかもしれませんね。

(※復習のタイミングと復習でしてはいけないこと

インプットとアウトプットを同時進行

「7回読み勉強法」はインプットアウトプット両方をこなすことができます。

1回目~5回目はインプットの時間ですが、6回目以降は教科書を読むよりも先に頭の中で先の単語が出てくるようになります。
読む前に先に単語が出てくる。これこそがアウトプットです。

ただ読むだけでなく回数を重ねるごとに読み方をレベルアップさせていくことで、インプットと同時にアウトプットも行うことができます。
インプットするだけでなくアウトプットも行えるので、記憶するにはもってこいの勉強法と言えます。

本を読む感覚で勉強が出来る

「7回読み勉強法」はただ単に教科書を読み続けるだけなので、本を読む感覚で勉強ができます。

これはすごいラクなことで本来なら書いて勉強しない解けないものが、書くことをせず教科書を読むだけで覚えられることが出来るので、本を読むことが苦痛じゃない人は一度試してみるのも良いかもしれません。

一方途中であきらめる人が多い

このやり方は非常にあきらめてしまう人が多いです。

2回3回と頑張って読んでも覚えていないと思い、その先繰り返しをしない人が多いのは事実です。

確かにこのやり方は効果が出てくるまで時間がかかり、何回も何回も繰り返して読まないといけません。
同じページを何度も見直すことになるので、飽き症の人にはお勧めできないかもしれません。

入り込めない人には難しい

文章の内容に入り込めない人もこのやり方は向かないかもしれません。

語句や文章を意識しながら読まないとただ文章を読んでいるだけの時間になってしまい、効果を発揮することが出来ません。
次のページはどんな内容だったかな?この語句の説明はどこに書いてあったかな?などと文章に入り込む必要があります。

数学や英語でも効果あり!

この7回読んで覚える方法は数学や英語でも効果を発揮します!

数学なら公式、英語なら単語熟語といった暗記しないといけない範囲で7回読み勉強法を実践することで比較的簡単に覚えていくことが出来ます。

数学で問題を解きながら公式を覚えていくのも、問題を解く際に公式を何回も目にするので覚える。
英単語や熟語を時間の経過とともに覚えるのは、何回も書く機会があるため覚える。

人間というのは何回も目にすることで覚えていく生き物なのです。

まとめ

と一般的に知られている各勉強法と違い、教科書を読む「7回読み勉強法」をご紹介いたしました。

繰り返しが出来る。インプットとオウトプットを同時に行える。などと言ったメリットがある一方、途中であきらめてしまう。入り込めずただ読んでしまう。などのデメリットもあります。

書く勉強につかれた人はこの勉強法に変えてみたり、勉強方法がわからない人には「こんな勉強方法があるんだ」と新しい勉強方法を知るきっかけになればと思います。

「7回読み勉強法」を数学や英語でも使える!やり方と効果

7回読み勉強法やってみたらメリットデメリットがわかった