子どもに勉強をする意味を聞かれた!どうしよう・・・

大人になったら「あぁ~あの時勉強した方がよかった~」「勉強すればもう少しうまくやっていけたのに。」など勉強することが大事なことがわかってきます。

しかし、子どもの時は勉強の大事さなんてわからないものです。

そんな時「なんで勉強しないといけないの」と子どもに聞かれた時はどうしますか?

急に聞かれたら結構困りますよね?

今回は「勉強する意味」を聞いてくる子供を一発でわからせる方法をお教えしましょう。

なぜ勉強しなければいけないの?

親をやっていると誰でも子どもからこのような質問をされたことがあると思います。

この質問に「大切だから・・」などのあいまいな答えになってしまっていたり

「いい学校に行く為」とか「将来落ちこぼれないため」といった学力・進学のためのプロセス。

こんな返事だと子どもは納得してくれません。

子どもを納得させるためには勉強することは損じゃないんだ!と理解させることが重要です。

大人になっても勉強はつきもの

最近は不景気だから公務員になりたいと思っている人がかなり多いようです。

公務員になりたいと思った時どうすれば公務員になれるかを調べてみると、最終学歴、年齢制限、試験科目、面接
論文、などの採用テストがあります。

資格を取るときには必ず勉強はつきものです。

勉強をやり方をわかっていない人は意外に多い

 

学生のころ真剣に勉強をしてこなかった人は、このときになってはじめて真剣に勉強をすることになり

「勉強の仕方がわからない」「どこから始めたらいいのかわからない」

本来なら
テキストを開いて、語句などをマーカーで引いて、ノートに書き写して、問題を解いて・・・・と。

しかし勉強をしてこなかった人は、いつまでも勉強方法が確立できずに、あちこち迷ってしまうのです。

なりたい自分に目覚めた時、その実現をサポートしてくれるのが勉強です。

勉強して何の意味があるの?

勉強が出来れば人生は変わる

大人になったら、勉強のありがたみがわかると言うのは、的を得ていると思います。

自分が大人になったら気づくと思います。「もっと勉強していたら、人生は変わっていた」と。

勉強が出来れば選択肢が増える

人生で困ったことが起きたとき=壁にぶち当たったときに、どう対処するかも実は勉強している人と勉強していない人では差が出てしまいます。

勉強している人は、とにかく先に進むための選択肢を多く考えることができます。
勉強していない人は、選択肢が浮かんでこないこともあります。

困ったことが起きた時、選択肢が狭いと対応策・解決策がすぐ見つけられず悩む日々が続いてしまうことでしょう。

 

まとめ

勉強とは、小さい時(小学校~高校時)に訓練させておけば、必ず将来、自分のやりたいことを実現させてくれる強力なパワーを持っています。

そして困ったときの解決策がどのくらい考えられるか。

またその中で最も有効な解決策を見出す事ができ、さらにその解決策を施したときにどんな影響が出るのかまで考えられるようになります。

だから、どうして勉強しなければいけないのか?

その答えは・・・

分からない事に直面したときに、「これからの自分の生き方をうまく乗り切るため」の模擬訓練をするために勉強をしなければいけないということなのです。