勉強するという事は騙されないようにすること

多くの人が小学校から本格的に勉強が始まり、中学校、高校と12年間勉強することでしょう。

高校卒業後は短大や4年制大学に通う方もいてることでしょう。
そんな中で、勉強しないという事は、人生騙され続けることになります。

なぜ勉強しなかったらだまされることになるのか?

それは、この文章を読み終わったときには気づくと思います。

勉強を本気で頑張ったことが無い人は、「やっべ、勉強しないと!」と気持ちも変わることかと思います。

なぜ、勉強しなかったらだまされることになるの?

この世に生まれたからには、必ずその国、その地域といったように様々なルールがあります。

そのルールにのっとり物事がこなされていくのです。そしてそのルールというものはすべて頭のいい人が作っています。自分で決めたと思っていても、主観的な社会やレッテルに決めさせられているのです。

頭がいい人はルールを賢い方法で上手く使い、頭が悪く、ルールがわからない人は相手の言うがままに行動をしてしまうのです。

つまりルールは全て、頭のいい人に都合の良いように作られているのです。

また、都合の悪いところはわからないようにうまく隠されています。

頭のいい人は複雑なルールを理解し、上手く利用し、頭が悪い人よりも有意義に過ごしています。
それはたとえば、税金、年金、保険医療金、給与・・・と多岐にわたります。

勉強が出来ない人は損をする

世の中というものは頭のいい人に都合のいいようになっていて、頭の悪い人から多くのお金の取るようにしています。

頭の悪い人や、めんどくさがっている人はルールを理解しようとしないので、一生騙されて高い金を払い続けることになってしまいます。
世の中の仕組みは、賢い人は騙されて得をして勝つ、頭の悪い人は騙されて損をして負け続ける多くとろうという仕組みになっているのです。

賢くなりたければ、勉強しろ。
たった一度きりの人生をだまされて生きたく無かったら、勉強しろ!!
だまされないような賢い頭が欲しければ、勉強しろ!

これが現在、最も手っ取り早い方法です。

もたもたしている人にチャンスはありません。

「東大は嫌い、偉そう」と思っている方もいることでしょう。

東大ブランドは確かにすごいです。

東大生の勉強方法を伝授します!やメディアでも東大生は引っ張りだこです。

しかし、東大ブランドをありがたく思っていてはいけません。
東大に受かって浮かれている人をまれに見かけますが、それではダメなのです。

受かってからがスタートです。

ルールに縛られたくなかったら、ルールを作る側に回るかルールを理解すること

子どもは今の社会のルールを知りません。

社会について何もわからない。

なぜ子供は社会のルールを知ることが出来ないのか、それは、大人たち(特に学校)がわざと教えていないからです。

オトナが無責任に子供に「これはこうだ!ないも聞くな!」などと言ってルールを押し付けているのです。

「そんなのに踊らされて、生活をしたくない。」
「他人と違う人生を歩みたい。」

と思ったのであれば、自分でルールを作る側に回ったらいいのです。だまされずに行きたかったら勉強するべき!

ルールを作るのを考えないのであれば、理解するだけの頭は必要です!

まとめ

勉強を必死でやり込む前から「勉強する意味は?」なんてことはわかるわけありません。

それがわかるようであれば、先人達が築いてきた知の遺産を一瞬で理解できる能力があなたには備わっていることになります。

そんな人は最初からいません。

みんな努力をして勝ち取っているのです。

勉強はプロセスです。努力したという過程が最も大切です。
勉強をして、人間力を磨いてください。勉強する前から意味を求めないで自分を変えなさい。

努力した先は必ず、君は素晴らしい人間に変わってることでしょう。