英語は自発的なアウトプットで上達する

現在日本は大学入試改革、英語改革により教育が見直されています。

その中でも英語には非常に着目されていて、従来の様にただ文法を教えるだけ、単語を詰め込むだけの勉強とは異なり、コミュニケーション中心の英語に変わろうとしています。

グローバル化に伴い英語は必須になってきています。

「どうすれば早く英語を話すことが出来るのか」それは自発的にアウトプットすることで解決していくことが出来ます。今回はそのことについてお伝えいたします。

英語のみの環境に身を置く

ネイティブスピーカーとの会話

なんと言っても英語を上達させる為にはネイティブの人と話をするのが一番早いです。

ネイティブスピーカーと話をすると発音も正しく覚えられますし、英語を話さないといけない!という気持ちが出てきて上達するのがは早くなります。

英語を上達させるには英語を実際に話してみる。というのが一番の近道です。

おもいきって留学をする

お金に余裕があるのであれば留学するのもオススメです。

日本を離れ、外国で暮らす事によって英語を話さなければならない環境を身を置くことができます。
外国に身を置けば当然日本語では通じないので、英語を話さざるを得ません。

留学して英語を勉強していく際の注意事項としては、ボディランゲージ(体や手を動かして思いを伝える)というやり方をするよりも、片言でも文章になっていなくてもいいので実際に英語を話してみるというのがよさそうです。

折角留学をしているのですから、頑張って英語を話してみることにしましょう。

英語の本を読んでみる

英語の本を身の回りに置くことも英語を上達させる上で非常に重要です。

最初はイラストが多くイラストから英文が理解できるものから読み始め、それができるようになれば、内容をすべて知っているもの。大雑把な内容は知っているが細かい内容は知らない。などどんどんレベルアップさせていくのがいいでしょう。

いつも目に入るところに英語があると自然と覚えるものです。

積極的に英語を使う

英字新聞を読んでみる

英字新聞をよむこともおすすめします。

英字新聞は日本の新聞と同様にいろんなジャンルがあります。

自分の好きなジャンルから読んでみるのもよし、気になったジャンルを読んでみるのもよし。自分が「これだったら読めそう!」というものを読むことができる英字新聞は英語を上達する上で非常に効果が高いです。

スポーツ欄、芸能欄、世界のニュースなど自分が気になるニュースなら何でもいいです。
それについて少しでも知識があれば英字新聞は読むことはできるでしょう。

洋画は英語で聞く

洋画を見るときは英語で聞くようにしましょう。

タイタニックやハリーポッターといった洋画は誰しも一度は見たことがあるでしょう。そのような洋画は英語で聞くと良いです。

内容が分かっていれば英語を聞くだけで大体のことは理解できますし、英語に耳を慣らすこともできます。
もし、内容が分からないようだったら日本語字幕を付けてもいいでしょう。

外国人に道案内をする

もしできるのであれば英語での道案内に挑戦してみましょう。

現在日本はグローバル化が進んでいて、多くの外国人が日本に訪れています。
観光地や人が多い駅などに行くと道に迷った外国人が必ずと言っていいほどいます。そのような外国人の方を見つけ、道案内に挑戦してみましょう。

道案内に必要な文法や単語は中学1年生で習うので社会人にとっては少し勉強すれば話せるような英語ばかりです。
少し英語を勉強してみて、道案内をしてみるのはどうでしょうか?

英検、GTECの活用で客観的に見る

客観的に英語力を評価できる

大学入試改革、教育改革により英検も変わってきています。

4観点(読む・聞く・話す・書く)において平等に評価されるようになり、より英語の技能を明確に判断できるようになりました。
英語でコミュニケーションは出来るけども「本当にこの文法であっているのか」「単語正しく書けるのか」など客観的に自分自身の英語力を見ることが出来ます。

英検を受けることで自分では日ごろ気づくことが出来ない部分を点数で評価できるので、英検やGTECを受験することはお勧めします。

英語4技能評価とは

英語は4技能判定に変わりました。

英語4技能とは英語の聞く listening、読む reading、話す speaking、書く writingという4つの技能を表しています。
この4つの技能を判定することによって今以上の英語力を判定することが出来、かつコミュニケーション英語を鍛える役目も果たしています。

ただ話すだけではなく、正しい文法、正しい単語を正しく使うことでグローバル化をより発展させていく狙いです。

まとめ

英語を早く上達させることは自発的にアウトプットしてみるという事です。

道案内をしてみたり、英字新聞を読んでみたりと実際に英語に触れることで上達していく子おtが出来ます。
受け身の勉強ではいけません。自分から積極的に学ぶ気持ちが英語を早く上達させます。

また、英検やGTECを受験し客観的に自分の英語力を見てくことも忘れてはいけません。

少しでも参考になればと思います。