短い時間で勉強した方が効果が出る!?【短時間集中勉強法】

勉強法は様々です。
世の中にはいろんな勉強法が存在しています。その中で自分に合った勉強法は何なのか?経験をしていくうちに自分に合った勉強法は見つかっていくものです。

今回は数ある勉強法の中で「短時間集中勉強法」をお話しさせていただきます。この勉強法は字のごとく短期間に集中をして勉強する方法です。

みなさん勉強する時にダラダラと勉強をしてはいませんか?そのような勉強法とても効率が悪く時間が過ぎるだけで頭には何も残っていなかったなんてことも多くあります。

そんな無駄な時間を作らない勉強法こそ「短時間集中勉強法」なのです。

勉強はダラダラ勉強するよりも一気に勉強する

テスト前は一気に勉強して終わらせる

勉強は一気にやった方がいい!!特にテスト前はとにかく一気に!!

勉強は一気にすることをおすすめします。30分毎で区切ったり教科をころころ変えたりといろんなことをするのはお勧めできません。
なぜなら何を勉強したのか頭に残らないからです。

勉強は何を勉強したのかを明確にすることが非常に重要です。
「何を勉強して。何を身に付けたのか」
を明確にして自分でしっかり覚えておくことが大切なのです。

ダラダラしても時間がただ経過してしまうだけ

ダラダラ時間だけが過ぎていく過ごし方はNG!!

よく時間を決めて勉強をする人がいますが、実はそれはあまりよくありません。時間を決めてやる方法はダラダラとやっても時間は過ぎていきますし、時間をかけて勉強をしたとしても理解していなかったら勉強をした意味がありません。

時間を決めないとダラダラとしてしまうのです。

勉強をするときは「内容」「教科」「単元」を明確にしてそれを身に付けるまでとことん勉強するのです。時間は関係ありません。「内容」「教科」「単元」が理解できたかどうかです。

日ごろの勉強はコツコツのまま

日ごろの勉強はコツコツのままマイペースに。

テスト前ではなく、日ごろから行う勉強はマイペースにコツコツとしていくのをいいでしょう。
「急がず焦らずしっかりと確認をしていく。」日ごろの勉強はそこまで真剣に取り組まなくても大丈夫です。
どんなことを習うのか?何を習ったのか?をゆっくり確認していく事で学校での勉強はすんなりと頭に入ってくると思います。

気軽に続けていく事で長続きしていき、急に理解に困ることは無くなると思います。

短時間に集中して一気に終わらせる

集中できるときに集中する

集中できると思った時にすぐにやる!

人は集中のスイッチが入ると時間を忘れてずっとそのことに夢中になることがあります。子どもがゲームに夢中になってしまい時間を忘れるぐらいずっとやってしまうのは、ゲームのスイッチが入って集中をしているからです。

この状態を勉強しているときにできるようになれば、効果も高まります
集中できるときに集中をして、集中が切れてきたなと思った時にはすぐに中断するのが最も効果を発揮します。

適度に休憩を

勉強するときは必ず休憩を入れるようにしましょう。

休憩をしっかり取ることも勉強では大切な事です。休憩が無いとせっかく覚えた内容もなかなか頭に入らなくなり、無駄な時間を過ごす結果となってしまいます。
そうならないためにも適度な休憩を取り、メリハリのある勉強をするのが良いです。

「集中が切れたら休憩」これを意識すると来い勉強時間を過ごすことが出来るでしょう。

短時間に集中して勉強するやり方

やる内容を決める

やる内容を決めるとダラダラしなくなります。

短時間で集中して勉強するコツはまず、「やることを決めること」です。やることを決めないとただただこなすだけの勉強になってしまい、効果が現れません。

効率よく効果を発揮するためには、やることをしっかりと決めてそれを解決するための意識を持って勉強することです。
勉強に向けての意識が足りなければどれだけ勉強しても身に付きません。

勉強は自分の知識を増やすために行うものです。

期限を設ける

「○○までに終わらせる!」という期限を設けて勉強するようにしましょう。

勉強内容を決めても期限が無いとダラダラとただ時間だけが過ぎてしまう勉強になってしまいます。
期限をしっかり設け、「何をいつまで」にしないといけないのかを明確にすることで十分な効果を発揮することが出来ます。

期限を決めておくと「このぐらいの時間で自分は出来るんだ!」と自分の勉強時間の感覚が分かってくることもあります。
期限を決めるといいこともあるのです。

一気に終わらせる

やると決めたからには一気に終わらします。

一度休憩をはさむとダラダラとしてしまい、一度火が付いたやる気がおちてしまいます。これを無くすためにも「やる!」と決めたら終わるまで、集中が切れるまで一気に終わらせることがお勧めです。

同じ教科を一気にすることで流れに沿って勉強が出来るので、理解も早くなり、教科をばらばらとするよりも数倍早く終わります。
同じ教科は時間を決めて一気に終わらせる。これは本当におすすめします。

取りこぼしは許されない

短時間に勉強するときも取りこぼしは許されません。

一気に勉強するときは事前に何を勉強しないといけないのかを決めて、しっかりと勉強する内容を決めて行いましょう。
その際、本当にその計画で全て勉強が終わるのかも同時に考えて取りこぼしをしないように気を付けておきましょう。

試験やテストでは勉強をしていなかったところを無くしたいところです。そのためには自分の理解度をしっかり理解して、取りこぼしを無くさないといけません。

全ての範囲を勉強して、勉強しなかった範囲をなくしていきましょう。

短期間集中勉強法を行うときのコツ!

・やる内容を事前に決めて一気に終わらせる。
・ダラダラと時間だけが過ぎる勉強はしない。
・集中が切れるまでとことんやる。

短時間に集中して勉強することに慣れれば勉強時間を短くすることが出来ます。そうすれば自分お時間も作ることが出来ますし、そのほかの勉強に時間を割くことが出来るようになります。

最初は慣れずに難しいかもしれませんが、勉強なんて慣れです。
いろんな勉強方法がこの世にはありますが、自分でいろんな勉強方法を試してみて、自分に合った勉強方法を見つけてきましょう。