睡眠時間を削って勉強してはいけない!睡眠を取ることも勉強のひとつ

勉強時間を増やそうと思って、睡眠時間を削って勉強時間に充てる人がいますがそれはしてはいけません。

近頃の研究で、睡眠を十分にとることで知識が定着し学習効率が上がる結果も出ています。

今回は「勉強における睡眠の大事さ」を皆さんにお伝えしていきたいと思います。

勉強で睡眠時間を削ってはいけない

睡眠不足は勉強において最大の敵

受験などが近づいてきたり、勉強するときなどに睡眠時間を削るのは禁物です。

勉強時間を増やすために勉強時間にあてやすいのは睡眠時間を削って、その削った時間を勉強にあてる人が多いと思います。

しかしそれは逆効果です。

睡眠不足は勉強において最大の敵なのです。

睡眠をとることで記憶を定着させる

睡眠を十分にとることで記憶を脳に定着させることができます。

睡眠時間を削って徹夜で勉強をしても、その間に学んだことはほとんど定着せず、長時間勉強をしたという形にしかなりません。

十分な睡眠時間を確保して、快適な睡眠をとることで記憶を定着させ、徹夜をするよりも本番で効果を発揮します。

研究おいても勉強に睡眠は不可欠と判明!

実は睡眠をとることは勉強において不可欠だという研究結果も出ています。

イギリスにあるロイヤル・ホロウェイ大学で心理学の講師をしているジャッケ・タンミネン氏は「直前に暗記するよりも、前日までに覚えて一晩寝る方が効果を発揮する」と説明しています。

タンミネン氏の研究によると、
「寝ずに過ごして勉強したグループ」と「通常通りの睡眠を取ったグループ」に分け、1週間後にテストを行うというものでした。
結果は、睡眠をとったグループの方がすぐに正解を導き出すことが出来、全体の正答率も高かったようです。
この結果により、睡眠は勉強する上では必要不可欠と判明いたしました。

睡眠時間を削ると勉強効率が下がる

勉強は休憩をすることで効果を発揮する

勉強をこまめに休憩をはさむ方が効果が高まります。

勉強をするときに長時間ぶっ通しで勉強を進める人がいますが、実はこまめに休憩をはさむ方が知識に吸収効率が上がり、短期間で覚えることが出来るのです。

1時間勉強したら10分休憩をするなど、こまめに休憩をはさむことをおすすめします。

勉強をしている間は脳もずっと働き続けています。
その働き続けている脳にも休憩を時間を与えることで、勉強するときにその内容を頭に入れやすくすることも重要になってきます。

脳を活性化させた状態で本番に挑む

脳もずっと働きっぱなしだとその活動も衰えてきます。脳を休めて活性化させた状態で本番に挑む!

テスト前に食べると良い食べ物とは?集中力を上げる食べ物は?

チョコを食べると集中力が増すなどの話が出るように、勉強をすると身体も疲れてくると思いますが、脳にも疲れが蓄積されています。

十分に睡眠を取ることで、体を十分い休ませると同時に脳にも休息を与え、テスト本番で身に付けた知識をすべて出し切るのです。
そのためには睡眠を取ることは非常に重要な事になってきます。

睡眠時間を十分取ることも勉強のひとつ

睡眠を取ることも勉強の一つだと思うようにしましょう。

問題を解くことだけで勉強と思われぎみですが、睡眠を取ることも勉強の一つなのです。

先ほどから伝えているように、睡眠を取ると知識を知識を定着させることが出来、本番で力を発揮することが出来ます。
睡眠を取ることも勉強なのです。

最低睡眠時間は何時間ぐらい?最適な時間とは?

それでは一体睡眠時間は最低何時間取ればいいのでしょうか?

最低睡眠時間は6時間

記憶を定着させるための最低睡眠時間は6時間です。

東大に合格した人に睡眠時間についてアンケートを取った結果、徹夜を繰り返して勉強をしたわけではなく、ほとんどの人が6時間以上の睡眠を取っていたという結果も出ています。

ここでは詳細は触れませんが、この6時間睡眠はノンレム睡眠やレム睡眠の関係もあります。

東大生がこのことを知っていて6時間位以上寝ていたかはわかりませんが、6時間以上寝ればいいというのはよく耳にします。

最適な睡眠時間はどのくらい!?7~8時間がいい?

最適は睡眠時間については実は「この時間寝ればいい!」というのは決まっていません。

6時間寝なくても十分脳が回復をし、身体も調子がいいというショートスリーパーの人もいれば、8時間以上寝ないと頭がすっきりしないというロングスリーパーの人もいます。

一般的には7~8時間寝れば十分に脳が活性化すると言われていますが、その人の体質によりこの数字は前後します。
「自分が一番頭がすっきりする時間は一体何時間ぐらいなのか?」これを知っておくことも勉強する上では必要なことかもしれません。

まとめ

・睡眠時間を削ってまで勉強することは逆効果
・睡眠は記憶を定着させる
・睡眠時間は最低6時間。
・最適な時間は自分で見つける事