勉強でストップウォッチを使うと効果抜群!やり方と勉強法

ストップウォッチ勉強法のやり方は?効果はどうなのでしょう?
ストップウォッチを使っての勉強(ストップウォッチ勉強法)をすれば時間管理切り替えがスムーズに行うことが出来ます。

みなさん勉強するときにストップウォッチを使って勉強をしたことがありますか?
ただ自分で適当に時間を決めて勉強していませんか?

それではなかなか効率はよくありません。

ストップウォッチ勉強法を使えば効率よく、また短期間で勉強を終えることが出来るようになります。

今回はそんなストップウォッチ勉強法についてまとめましたので参考にしてください。

ストップウォッチ勉強法とは?

ストップウォッチ勉強法とはストップウォッチを使いながら勉強を進めていくやり方です。

何分間勉強をするのか?
いつから勉強をするのか?
いつまで勉強をするのか?

ストップウォッチを使いながら勉強をすると、時間管理がしやすく、また勉強のオンオフの切り替えが非常にスムーズにできるようになるのでおすすめの勉強法です。

用意するものもいつもの勉強道具にストップウォッチをプラスするだけなので勉強方法に困っている人は始めるのにラクかもしれません。

どんな人に有効?

時間の使い方がわからない人

時間の使い方がわからない人にはこの勉強法はおすすめです。

なぜなら、ストップウォッチで時間の管理が出来るからです。

ストップウォッチで開始の時間を決め、どのぐらいの時間を使って勉強するのかをあらかじめ決めておくことが出来るからです。

あらかじめ時間を決めておくことでどのくらいの時間を費やしたのかがはっきりわかります。

だらだら勉強してしまう人

だらだらと勉強してしまう人にはストップウォッチを使ってください。

勉強をだらだらとすることは時間を無駄にしてしまっています。
だらだらと過ごすだけなら、その時間を好きなことをする時間に費やした方が何倍もマシです。

だらだらとする時間を無くし、パッと集中して勉強をするには時間を計れるストップウォッチが有効です。

覚えるのに時間がかかってしまう人

覚えるのに時間は必要ありません。

時間をしっかり決め、決めた時間に集中して勉強をすることで覚えることが出来るのです。
覚えるのに1時間かかっていたものも「15分間」や「この時間までに覚える」などといったように時間を制限した方が効率よく覚えることが出来ます。

無駄に時間をかけすぎてもいけません。すぐ覚えられるものはすぐ覚えきってしまいましょう!

時間が無い人や時間が取れない人

時間が無い人や時間が取れない人にとってもストップウォッチ勉強法は適しています。

時間が無いと言っている人でも1日の中で数分は空き時間は必ずあるハズです。そのスキマ時間に集中して勉強するためにストップウォッチは欠かせません。

また、時間が取れない人にも時間が取れないと言っているだけで必ずスキマ時間はあるハズです。
スキマ時間を見つけ、その時間をきちんと管理できることが合格につながるのです。

時間管理が出来ない人

時間管理をするにはストップウォッチが有効です。

ストップウォッチで開始に時間を決め、どのぐらいの時間勉強するのかを定めることで何もしないのと比べると数倍は集中できるようになります。

時間管理はストップウォッチがしてくれるので自分は何をしないといけないのかを決めるだけです。

解く時間、考える時間、答え合わせをする時間など細かく区切っていくことで自分はどのくらいの時間をつかったら出来るのかを理解することもできるようになります。

ストップウォッチ勉強法はどんな効果がある?

ボタンを押すことで気持ちが切り替わる

ストップウォッチを使うだけで気持ちも切り替えがしやすくなります。

「よし。勉強しよう!」と「はい。今からスタート!」とカウントダウンを切りながらストップウォッチのボタンを押すのとでは後者の方がやる気の具合が違います。

人は自分には甘いものです。誰かにおしりをたたかれた方がスタートは切りやすいものです。その相手が今回はストップウォッチという事です。

集中しやすい

短い時間に集中して勉強が出来るようになります。

ストップウォッチを使う時は20分や30分といったように身近に時間で設定することをおすすめします。

なぜなら、長くしてしまっても集中は持ちませんし、その時間に勉強したことをすべて覚えることが出来ません。
なので、身近に時間で設定して、その時間に勉強したことは「全て完璧にする!」という気持ちを持った方が勉強効率は上がります。

人には集中できる時間というのがあるのです。

短期間で覚えられる

ストップウォッチを使うことで短期間で覚えられるようになります。

先ほども言ったようにストップウォッチを使って勉強すると自分の勉強に対する時間配分がわかってきます。
しかも時間を短くすることで、短い時間でも頭に入れることが出来るようになります。

結果、勉強スピードが上がるのと同時に覚えることが出来る量も増えていきます。

今までだと数時間かかっていたものでも1時間かからないで覚えることが出来たり、英単語も数分で数十個覚えることが出来ます。

これは勉強していくうえで非常に重要な事で、これを極めていくことでどれだけ大変な事でも時間さえもらうことができればクリアしていけることでしょう。

勉強した時間・内容が目でわかる

時間を決めて勉強すると勉強した時間が目で見てわかります。

勉強した時間をメモを取っておく
スマホのアプリなどを駆使して時間管理をする
30分の勉強を何回したか

など時間で勉強を区切るとパッと見てどのぐらいの時間勉強したかがわかります。
また、短期間の勉強をしているのでその時間にどんな勉強をしたかまで目で見てわかるようになります。

勉強した時間・内容が目で分かるとやる気も上がりますし、成果も必ず出てくると思います。

どんなストップウォッチを使えばいい?

時計機能が付いている

時計機能が付いているストップウォッチを使うとよいです。

ボタンで切り替えが出来るタイプでもカウントと時計が一緒に見れるタイプのものどちらでも構いません。

今何時でどのぐらい時間まで勉強するのか。も一緒に考えながら勉強していきたいので時計機能はついていた方がいいです。

カウトダウン、カウントアップが出来る

カウントダウンだけでなくカウントアップも出来たらなおさら良い。

カウントダウンはみなさんよく使うと思いますが、カウントアップも勉強をするうえで重要になってきます。

自分はどのぐらいの時間で覚えることが出来るのか。
この問題を解くのにどのくらいの時間かかるのか。
集中が持つのはどのぐらいの時間なのか。

このようなことを知るためにもカウントアップの機能があったほうが勉強の幅は広がります。

数字が見やすい

ごちゃごちゃしているものよりも数字が目立つものを選んでください。

変な機能があったり、余計な数字があったりすると気になってしまい勉強がおろそかになってしまいます。
Simple is best.シンプルなものが一番いいです。

デザインがいい

勉強のやる気、モチベーションを上げるためにもデザインはいいものを選びましょう。

安くてもいいです。自分のお気に入りのデザインを買い、それと一緒に勉強を頑張っていく!という気持ちで、気に入ったストップウォッチを買うことを強くすすめます。

ストップウォッチだけは自分の頑張りを見てくれている。
そんな気持ちになって勉強を頑張ってきましょう。

まとめ

ストップウォッチ勉強法は
・時間の使い方がわからない
・だらだらと勉強してしまう
・覚えるのに時間がかかってしまう
・時間が無い、取れない
・時間管理が出来ない
といった人におすすめの勉強法です。
またそれ以外にも勉強のスタートが自分では切れない、短期間で覚えたい。など勉強で困っていることがある人にもおすすめです。

勉強はだらだらとしても無駄です。しっかりと時間を決めて勉強することで集中がしやすくなり、頭にも入りやすくなります。

ストップウォッチ勉強法・・・試してみては?